エアコン工事業者の信頼性とは

エアコンエアコンの新規購入・買い替え、または引っ越しなどに当たって、取り付けをどの業者に依頼するか悩まれる方もいらっしゃると思います。インターネットの普及前は販売店に工事を依頼される方も多かったのではないかと思いますが、ネットで多くの工事業者の情報が得られるようになり、自分のニーズに合った業者を選びたいという方も増えていると思います。

例えば、工事価格の安さを売りにしている業者も多くあります。しかし、安さだけで選んでしまうと後悔する場合もあります。基本の工事価格は安いのに、オプション料金を追加されて結果的に高額になってしまう場合や、引き渡し後すぐに施工不良でエアコンが使えないなどのトラブルも耳にすることがあります。「激安」には理由があり、その説明が十分にされていない場合は注意が必要です

エアコンは暑さや寒さが厳しい季節の体調管理に重要な役割を果たしてくれるものです。トラブルで使えなくなることがないように、安心して工事を任せられる業者選びには、どのような点を重視すれば良いのでしょうか。

優良な業者の見分け方

優良な工事業者かどうかを見分けるには、まず工事内容に関する説明を事前にきちんと行ってくれるか業者どうかを確認しましょう。

エアコン工事には、追加工事が必要になる場合が多くあることをご存知でしょうか。例えば、室外機を設置する場所が屋根の上だと、屋根置き工事費が追加で必要になります。どんな優良業者でも、実際に設置を行う中で新たに必要になった作業量や資材にかかる費用は、工事料金に含めて請求しなければなりません。

しかし、事前の説明もなくいきなり追加工事費を含めた高額の費用を請求されると、たとえ必要な工事であったとしても納得いかない気持ちになるものです。特にホームページなどで安さを売りにしている業者の場合だと、騙されたような気分になるかも知れません。

優良な業者は、工事前にきちんと追加工事の可能性があることや、料金についても説明を行って、お客様の了解を得た上で施工を行います。このように、事前の対応を見極めることも良い業者選びには必要であることを知っておきましょう。

エアコンの取り付けに資格は必要?

技術の高い業者かどうかを見分けるためには、電気工事に関する資格を持っている作業員がいるかどうかもチェックポイントの一つです。

エアコンの取り付け自体に必要な資格はなく、無資格で作業を行うことも可能です。しかし、取り付けの際に「電気工事士」という資格を持っていなければできない作業が発生する場合があります。たとえば、新しいエアコンのプラグが専用コンセントの形状に合わなかった場合、形状を変更する工事が必要になり、作業員が資格を持っていない場合は工事が中断されることになります。

その他にも、エアコンの内外接続線を直接壁や天井などに固定する作業や、使用電圧が600Vを超えるエアコン(業務用エアコン)を設置する作業に関しても、電気工事士の資格が必要とされます。そういった場合の対応を考えると、電気工事士の資格を持っている施工者に依頼するのが安心です

 

保証やアフターサービスも重要

工事補償を付けている業者を選ぶことも大切です。工事補償とは、メーカーの製品に対する保証とは別に、工事業者が実施後の不具合に対して付ける保証の事です。

例えば、エアコンからの水漏れや、冷たい風が出てこないなど、設置作業が原因となる不具合や故障が発生した場合は、保証期間内なら無償で修理を行ってくれます。もし保証が付いていない業者を選んでしまった場合は、施工不良による不具合が出たとしても修理費を負担してもらうことができないので、大変損をすることになります。

また、保証期間の長さは工事に対する自信の表れでもあります。それだけ責任を持って工事を行ってくれる業者は、技術も確かな優良業者であることが多いので、たとえ保証期間が過ぎてしまったとしても、対応してくれる場合があります。安心して工事を依頼できる業者を選ぶ際には、保証サービスの有無や内容を重視されることをおすすめします。

工事補償についての注意点

工事補償を利用するためには、いくつか注意点があります。まず、工事終了後に工事保証書が発行されるので、保証期間内は大切に保管しましょう。紛失してしまうと保証が無効になるケースもあります。また、保証期間内であってもエアコンの使い方などによっては有償修理になってしまう場合もあるので注意しましょう。

例えば、不具合の原因がエアコンの部品の老朽化であった場合、部品の交換は有償になります。また、お客様によるエアコンの使用上の誤りや、改造が原因でトラブルが起こった場合も、保証はききません。引っ越しなどで勝手に設置場所を移動した場合も対象外となります。

地震・水害・火災・落雷などによる天災が原因の故障も、対応できない場合があります。有償になってしまうケースは他にもありますが、自分で何とか直そうとして失敗すると、保証がきかなくなる事態を招くこともあるので、不具合が生じたら必ず工事業者に相談しましょう。

まとめ

エアコンの取り付け工事業者を選ぶという際にインターネットのホームページを参考にされる方も多いと思いますが、工事価格の安さだけを売りにしている業者には注意が必要です

工事価格を安く提供している業者の中には、工事の質を下げて短期間で終了させ、大量に受注することで利益を出そうとしている業者や、基本価格を安く提示して集客し、工事後にオプション料金を上乗せした高額な工事費を請求しようとする業者もあるので注意が必要です。もちろん、良心的な価格で良質な工事を行ってくれる業者もあるので、「安さ」の理由を見極めることが重要です。

優良な業者選びに必要なポイントは費用の安さだけではありません。事前に工事内容の説明だけでなく、追加工事の可能性やその場合の料金についても丁寧に説明してくれる業者を選べば、請求時にトラブルに発展することがありません。

また、電気工事士の資格を持っていたり、しっかりした保証を付けてくれたりする業者は技術面に自信を持っている場合が多いので、信頼性が高いと言えます。保証サービスを充実させている業者は、お客様に長く利用してもらえることを第一に考えているので、施工も手を抜かず丁寧に行ってくれるでしょう。これらのポイントを参考に、失敗しない業者選びを行ってください。

Pocket